カテゴリ:学校行事

【歓迎】令和3年度 入学説明会

 2月6日(金)、令和3年度入学予定者の入学説明会を行い、本校への入学を予定している小学6年生児童と保護者が参加しました。


・小学校ごとに分かれて受付を担当する2学年生徒たち

 

 教職員による入学に関する説明のあと、2年生が企画した中学校生活の紹介がありました。

 説明会の開始当初は緊張した表情だった児童たちでしたが、先輩たちによる工夫を凝らした学校紹介が進むにつれて、自然に拍手が起こり、笑顔もみられるようになりました。


・生徒役と先生役に扮し、中学校生活を分かりやすく伝える寸劇


・体育大会のフィナーレを飾る全校演技「よさこい」を演舞する生徒たち


・中学校生活の楽しみの一つである部活動の紹介


・1年生の生徒たちが心温まるメッセージビデオをクラスごとに制作し、会場に届けました。

 

 令和3年度 入学式は4月8日(木)9時30分 開式の予定です。児童のみなさんの入学を雄山中学校生徒・教職員一同、心からお待ちしております。

【新春】言葉の美しさを味わいながら~書き初め大会~

 1月7日(木)3限、全校生徒による「書き初め大会」を各教室で行いました。

 文字の形や線の太さなど、筆勢に注意しつつ、言葉のもつ美しさを味わいながらそれぞれが丁寧に書き上げていました。

 

1年生…楷書「白き雷鳥」
●金賞6名、銀賞12名、銅賞15名

 

 

2年生…行書「将来の夢」
●金賞6名、銀賞13名、銅賞15名

 

 

3年生…行書「前途有望」
●金賞5名、銀賞13名、銅賞14名

 

 なお、それぞれの学年の多目的フロアには、金賞・銀賞・銅賞の優秀作品が掲示されています。

【始業式】強い意志をもち、人にやさしく、そして自分にもやさしく ~校長式辞より~

 1月7日(木)、本校体育館で3学期の始業式を行いました。

 
今年の干支に触れながら、生徒にメッセージを送る片山校長

 

●強い意志をもち、人にやさしく、自分にもやさしく (校長 片山亮一)

 今年の干支は「丑」です。「つなぐ」「むすぶ」を表しています。糸へんをつけると「紐(ひも)」になることからも、そのことがわかります。今年は、そういう年です。

 そして、10種類の「十干(じっかん)」と12種類の「十二支」の組み合わせで言うと、今年は「辛丑」(かのとうし)の年になります。

 「辛」には、つらい、苦しい、冷徹な…などの意味がありますが、この漢字に横棒を一本加えてみましょう。「幸」(しあわせ)に変わりますね。

 さて、3学期の始まりにあたり、生徒の皆さんに2つのお願いがあります。

 

(1)強い意志をもって、夢をもって生きてほしい

(2)人にやさしく、そして自分自身にもやさしくあってほしい

 

 この2つを心掛けることで、皆さんの身の回りに「よい幸せ」が訪れることを期待しています。

【終業式】今年の雄中生を表す一文字は、迷うことなく… ~校長式辞より~

 12月23日(水)、体育館で2学期の終業式を行いました。

●式辞「今年の雄中生を表す一文字は、迷うことなく…」 校長 片山亮一

 久しぶりに全校生徒が一堂に会し、その感動からこみ上げてくるものを感じます。

 2学期、そしてこの1年間を振り返り、雄中生を表す漢字として、迷うことなく『直』という字を挙げます。

 「真っ直ぐ」「見直す」「仕切り直し」「考え直し」…これらの言葉から雄中生の活躍する姿が思い浮かびます。

 新型コロナウイルスのこともあってか、みんなの「素直さ」「真っ直ぐさ」がいつも以上に輝いて見えた2学期でした。そのよさをさらに伸ばしていってほしいと思います。

 

 感染症予防のため、終業式の内容は校長式辞のみとし、式をできるだけ短時間で終えるよう配慮をしました。

【学びの成果】2学期期末考査スタート

11月25日(水)から期末考査が始まりました。

今年度の期末考査としては二度目になります。

試験直前の生徒たちは緊張しているようです。

先生の説明をしっかり聞いて、ベストを尽くせるよう、テスト開始のぎりぎりまで学習内容を見直します。

 

どの学年も一人一人が集中して、テストに臨んでいました。

期末考査は、11月28日(金)までの3日間の日程で行います。