教育目標

【令和2年度 雄山中学校 教育のグランドデザイン】(←PDFファイルでもご覧いただけます)

 

教育目標
 「社会の変化に対応し、進んで未来を切り拓く心豊かでたくましい生徒の育成」

立山町の教育 基本理念
 『自立と共生』を目指し、心豊かで活力ある社会の創造 
  ~ひとり立ち 思いやり チャレンジ~

学校が目指す姿
 「明るい学校 楽しい学校 美しい学校」

学校経営方針
 1 生徒理解を基盤とした組織的な指導と支援
  ・教育相談の日常化

  ・教職員による情報共有と共通実践
  ・特別支援教育の視点を踏まえた個への関わり

 2 温かい人間関係づくりと心の教育
  ・全教育活動を通じた道徳教育

  ・成長を促し人権感覚を磨く「振り返りの場」  
  ・コミュニケーション能力向上を目指す「ライフスキル教育」

 3 生徒の手による活動の推進
  ・中学生目線で創り上げる雄山中学校ならではの生徒活動

  ・「貢献」の喜びが体感できる機会の保障 

 4 学力の向上
  ・基礎的・基本的な知識及び技能の確実な習得

  ・実感を伴った「分かる授業・見える授業」
  ・生きてはたらく学力を生む朝活動の展開

 5 地域とともにある学校
  ・積極的な情報発信  

  ・家庭や地域、小学校との連携
  ・地域行事やボランティア活動等への生徒参加

重点目標
 「よりよい人間関係を築き、ともに学び合う生徒の育成」
  ~「かたる・まもる・つなぐ」を意識した活動を通して~

《徳》「心豊かな生徒」の育成 ~「かたる」視点から~
 ・「新聞コラム」の活用
 ・発達の段階を踏まえた記事の選択
 ・「視写・音読・意見交流」による他者からの学び
【アクションプラン】

 自分の体験や考えを他者に伝える場を学級で月1回、学年で学期に1回、全校で年1回以上設定する。

《体》「進んで鍛える生徒」の育成 ~「まもる」視点から~
 ・「雄中SNSルール」策定準備
 ・よりよい生活習慣を意識したスケジューリングの実践
 ・振り返りにおける「げんキッズ」「スクリーンOFF21時」の活用
【アクションプラン】
 ・「家庭での過ごし方を自分で計画し、実行できる生徒」が70%以上を目指す

《知》「自ら学ぶ生徒」の育成 ~「つなぐ」視点から~
 ・思いや考えをつなぐ学習活動の工夫
 ・学びの見通しがもてる課題提示と授業展開
 ・「学習ツール」の活用
【アクションプラン】
 ・「授業の中で見通しをもって学習に取り組むことができる生徒」が70%以上を目指す